Rambling Records

シライサン

Category :

ALL

NEW RELEASE

ホラー / サスペンス

2010年代

2019年12月18日発売/RBCP-3352/¥2,500(tax out)

amazon

目ヲソラシタラ、死ヌ。

主演・飯豊まりえ!気鋭の作家にして稀代のストーリーテラー“乙一”こと安達寛高が長編映画監督デビュー!
それは鈴の音とやってくる・・・

薄暗い通りを歩いていると、鈴の音が鳴り異様に目の大きな“それ”が近づいてきて、自分の名を知っている者を次々と襲う。新たな標的は、この怪談を聞いて“その名”を知ってしまった者たち。
最初は誰もがただの怪談話にすぎないと思っていた。
しかし“シライサン”はその話を知った者のすぐそばにいて、命を奪う機会を虎視眈々と狙っている…。

音楽を担当するのは中川考。
緊迫するサウンドと鈴の音をフィーチャーした恐怖のサントラがここに誕生!

《TRACKLIST》
01. 序章 – Maledicite –
02. タイトルバック
03. その存在
04. “その名“を知ってしまった者たち 其の一
05. とっておきの怖い話
06. 次はお前だ!
07. 目ヲソラシタラ、死ヌ。
08. 儚き命
09. 手紙
10. “その名“を知ってしまった者たち 其の二
11. 奇妙な共通点
12. 温泉地へ
13. 呪いは本当にある
14. シライサン
15. ゴースト
16. ピアノ協奏曲 第1番 第2楽章 より抜粋
17. 核心
18. “その名“を知ってしまった者たち 其の三
19. 病室

<音楽担当・中川 考氏からのコメントが到着!>
朝から冷たい雨が降る12月のある日、武内プロデューサーから呼ばれて乙一さんに会うことになりました。小説家の乙一さんの一ファンとして作品は読んだこともあったので、監督をするという話を聞いて興味が出ないわけがない!
期待と不安が入り混じる中、ドキドキしながらファミレスでハンバーグランチを食べながら打合せしたのが昨日のことのように思えます。
そして乙一改め安達監督とイメージを固めるために、参考曲を何曲か聞いたのですが、その中にボクが10年以上も前に手がけたサントラ曲も入っていたのが嬉しかったですね。
そのときはまだ撮影前でしたので、どんな映画になるのか、シライサンはどんなビジュアルなのかわかりませんでしたが、何度も夢の中で想像のシライサンと戦いながら、撮影が終わったタイミングで30分ほどのデモ曲を作りました。
その後、何度か監督と打合せを重ね、シライサンの世界観を音楽で表現することができました。
今回のサントラはプロデューサーとも話しまして、レコーディングセッションと銘打って、本編使用曲、未使用曲、デモ曲などシライサン用に作った曲のすべてを網羅したサントラになってます、
ぜひお楽しみください。

MOVIE

BACK TO LIST

「NEW RELEASE」カテゴリーのサウンドトラック

Category :

ALL

NEW RELEASE