Rambling Records

セルジュ・ゲンスブール映画音楽集

Category :

ALL

名作選35 第二弾

ALL

gainsbourg

2015年12月16日発売 / RBCP-2946 / ¥2,000 (tax out) 解説:梶野彰一

amazon

mora

eonkyo

ototoy

世界中で熱狂的な支持を得る、フランスが生んだカリスマ、セルジュ・ゲンスブールが手掛けた映画音楽を集めたコンピレーション盤がDSDリマスタリングで登場。ジェーン・バーキン、カトリーヌ・ドヌーヴ、シャルロット・ゲンスブールとのデュエット曲も収録。

 

<トラックリスト>

1. 唇によだれ
2. さよならのワルツ
3. ストリップ・ティーズ
4. コマン・トゥルヴェヴー・マ・スール?
5. シャンソン・デュ・フォルサ
6. ウーム・ウーム・ウーム
7. 太陽の真下
8. エリザ
9. マノン
10. レルブ・タンドル
11. オー・ビューティフル・アメリカ / ミスターフリーダム・マーチ
12. 馬鹿者のためのレクイエム
13. スローガン
14. ラ・ホース
15. カナビス
16. チャーリー・ブラウンという名の男の子
17. セックスショップ
18. ムーギー・ウーギー
19. 溺れるあなた
20. ラムール・アン・プリヴェ(インストゥルメンタル)
21. ジョニー・ジェーンのバラード
22. 哀しみの影
23. グッバイ・エマニュエル
24. 海、セックスそして太陽
25. 神様はハバナタバコが大好き
26. シャルロット・フォー・エヴァー

 

Universal France

葛巻善朗(マスタリング・エンジニア)コメント

今回の DSD マスタリングの聴き所

トリュフォー作品集やルグラン作品集ともまた違い、一曲ごとに設定値を変えているのはSlate Digital FG-XのGainとMaag EQ4の2.5kHzのカット加減のみ。Thermionic Culture VultureのDrive とBias、そしてMillennia NSEQ-2での高域のカット加減はアルバムを通してほぼ同じ設定。

低域のバランスが曲によって少し違うので、Little Labs Voice of Godによる超低域の倍音の加わるバランスを三種類作り、その中から選択。

バンド編成や歌ものが多いので複雑な奥行き感になるMaag EQ4の裏技は使わず、自然な定位感に。 しっかりとセンター音像を強化しつつ、強くなり過ぎないよう慎重に調整。

個人的にゲンスブール作品が好きなだけなのか、今回の名作選の中でゲンスブールものは葛巻マスタリングがバッチリはまっているように感じる。美しく力強い、繊細でありながらダイナミック、ルグランとは全然違うが、これもまたフランス音楽。

もちろん大推薦!!

BACK TO LIST