Rambling Records

殺し!

Category :

ALL

名作選35 第一弾

ALL

殺し

2015年11月18日発売 / RBCP-2950 / ¥2,000 (tax out) 解説:村山 章

amazon

iTunes

mora

eonkyo

ototoy

ロマン・ガリー監督による、麻薬組織と国際秘密警察の闘いを描いたサスペンス・アクション。スコアを担当したのはベルト・ピサーノとジャック・ショーモン。R&Bシンガー、ドリス・トロイや、スキャットの女王エッダ・デル・オルソが参加した名作が、DSDリマスタリングで登場!

 

<トラックリスト>

1. キル・ゼム・オール (メイン・タイトル – インストゥルメンタル)
2. ネッラ・モスキア
3. ヒアスミーナ
4. アルシナジオーニ
5. インシエスタ
6. カンプール
7. トゥ・ジーン
8. センザ・トレグア
9. イル・デザルト
10. ソウク・タウイル
11. キル・ゼム・オール
12. ヒアスミーナ (オルタネイト・ヴァージョン)
13. インシエスタ (オルタネイト・ヴァージョン)
14. キル・ゼム・オール (オルタネイト・ヴァージョン)

GDM

葛巻善朗(マスタリング・エンジニア)コメント

元CDの特徴

モリコーネ、トロヴァヨーリと並ぶイタリアの偉大な映画音楽作曲家ベルト・ピサーノの代表作。 他のGDM音源同様しっかりリマスタリングされてはいるが、ちょっと高域が強いのが残念。71年の録音であれば、もう少しマイルドなはず。

他の作品にない特徴としては、大げさにかけられたディレイとリヴァーブが面白い。

今回マスタリングしている他のサントラにも多いが、弦楽器は極端な左右への定位。ドラムとベースはセンターに定位するが、それらが全て前方から聴こえるので(つまり奥行きがない)、若干不自然かつ疲れてしまう。

 

今回の DSD マスタリングの聴き所

他の作品同様、Thermionic Culture Vultureで本来のアナログの質感を取り戻し、Millennia NSEQ-2とMaag EQ4のAir Band で高域を調整、自然な高域に戻している。

Dangerous CompressorにてMS感を調整、サイド音像を奥に行かせることによりトータルで聴きやすく奥行きのあるステレオ音像に。大げさにかけられたディレイがさらに効果的に聴こえる。

このサントラはなんといってもオープニング曲「Kill Them All!」、立体的なサウンドになったことにより視覚的にも感じる。M11のドリス・トロイによるヴォーカル・ヴァージョンもよりダイナミックに。ボーナス・トラックのAlternate Versionもかっこよいのだが、本編よりも目立たないように音圧調整など、ひと工夫している。

BACK TO LIST