Rambling Records

トラフィック

Category :

ALL

名作選35 第一弾

ALL

トラフィック

2015年11月18日発売 / RBCP-2935 / ¥2,000 (tax out) 解説:小柳 帝

amazon

mora

eonkyo

ototoy

シャレたセンスとユーモア溢れる作品で、日本でもカルト的人気を誇るジャック・タチの『トラフィック』のサントラ盤が、DSDリマスタリングで登場!

 

<トラックリスト>

1. トラフィック
2. 渋滞
3. マリア
4. アクシデント
5. トラフィック(ヴァージョン2)
6. マリア(ヴァージョン2)
7. ピトン
8. トラフィック(ヴァージョン3)
9. 渋滞(ヴァージョン2)
10. マリア(ヴァージョン3)
11. アムステルダム
12. モーター・ショー
13. トラフィック(ヴァージョン4)
14. マリア(ヴァージョン4)
15. トラフィック

Universal France

葛巻善朗(マスタリング・エンジニア)コメント

元CDの特徴

1971年の録音、シャソン界の大御所シャルル・デュモンが手がけたコメディー映画のサントラ。 今回のセレクションの中では珍しくバンド主体の演奏。冒頭三曲とそのヴァリエーションが続くが、作曲・編曲・演奏共に素晴らしく、聴いていてまったく飽きないどころか、収録時間が短いため何度も聴きたくなってしまう。女性スキャットをフューチャーするのはこの年代のヨーロッパのサントラではよくあることだが、ここではさらにハモンド・オルガンやドラム・ソロなども思いっきりフューチャー、若干歪み気味のトラックがたまらなくかっこよい。しかし 2006年に行われたマスタリングは今ひとつで、レンジ感・ダイナミクス感共に物足りない。

 

今回の DSD マスタリングの聴き所

各プラグインの設定は他の作品とやや違い、若干アグレッシブ。

特にドラムをフューチャーしている曲などはもう少し高域を足したくもなるが、元の録音はそうではなかったはずなので、グッと我慢。しかし、Belden 83352Eを中心に数種類のケーブルを組み合わせたアナログ・ケーブルや、DSDマスタリングそのものによって気持ちの良い高音が足されていくはず。

オーディオ・インターフェースやコンプレッサーだけでなく、MacPro本体やTASCAMのDSDレコーダー、DA-3000に至るまで全ての機材を230V駆動にしていることにより、低域はこもっているようでこもってはおらず(気持ちの良いアナログ・サウンド)、高域は伸ばしても耳に痛くない、デジタルとアナログを理想的に融合したようなサウンドを作り出している。

機械作業のようにマスタリングしていると、本来音量が小さくて良い曲まで音圧・音量を上げてしまいがちだが、一曲ごとに0.1db単位で音圧を調整して、トータルで良い流れになるように演出。

MSコンプの効果も相まって、スタジオ・ライヴを間近で観ているようなサウンドに。全ての楽器が本来の空気感で気持ちよく聴こえるが、特にエレキ・ギターの単音メロディーがとろけるように気持ちよい。

大推薦!!

BACK TO LIST