Rambling Records

ターミネーター3

Category :

ALL

傑作選50

SF / アクション

2000年代

2014年10月22日発売 / RBCP-2795 / ¥1,800 (tax out) 解説:竹之内 円

amazon

iTunes

mora

ototoy

アーノルド・シュワルツェネッガー主演人気シリーズ『ターミネーター』の第3弾『ターミネーター3』のサントラ盤がDSDリマスタリングで登場。
誰もが耳にしたことのある「ターミネーターのテーマ」を始め、マルコ・ベルトラミによるシンフォニックな楽曲は緊張感を煽る。

〈収録曲〉
01. ア・デイ・イン・ザ・ライフ
02. フックト・オン・マルチフォニックス
03. ブロンド・ビハインド・ザ・ホイール
04. JCテーマ
05. スタンディングT1
06. ハース・レント・ア・カー
07. TX’s ホット・テイル
08. グレイヴヤード・ショットアウト
09. モア・ディープ・ソーツ
10. デュアル・ターミネーター
11. キックド・イン・ザ・カン
12. マグネティック・パーソナリティー
13. ターミナ トリックス
14. フライング・レッスン
15. ワッツ・ドゥ・ユー・ウォント・オン・ユアー・トゥームストーン?
16. タミネーター・タングル
17. ラジオ
18. ターミネーター3
19. ターミネーター
20. オープン・トゥ・ミー / ディロン・ディクソン
21. アイ・トールド・ユー / ミア・ジュリア
〈Varèse Sarabande Records 2003/06/24〉

 

アクション・スター、アーノルド・シュワルツェネッガーの代名詞ともなった大ヒットSFアクション「ターミネーター」シリーズの第3弾。
監督は前2作のジェームズ・キャメロンに代わり、「F-16」「U-571」のジョナサン・モストウ。
ジョン・コナー役は「イン・ザ・ベッドルーム」のニック・スタール、女ターミネーター“T-X”にクリスターナ・ローケン。

コンピュータ“スカイネット”が支配する未来社会から送り込まれたT-1000の襲撃を、T-800の身を挺した活躍で乗り切ったジョン・コナー。
それから10年、“審判の日”は回避されたかに思われ、彼は新たな人生の目的を見つけようと放浪の旅を続けていた。
そんなある日、突如として新たな刺客“T-X”が送り込まれてくる。女性のボディを有しT-1000をはるかに上回る性能を持つT-Xは、”リスト”にある人間たちを次々に抹殺し始めた。
再びマシーンとの戦いに身を投じるジョン。
そんな時、彼の前にあのT-800と同じ形状のターミネーターが姿を現わした…。

 

葛巻善郎(マスタリング・エンジニア)コメント

リマスタリング前の特徴
・音圧高めだが、痛い感じではない。

今回のマスタリングの聴き所
・静かな部分と激しい部分の対比 (ダイナミクス)。
・左右に音が飛ぶ立体感。
・リマスタリング前ほどデジタルっぽくない。
・静寂から始まり、静寂に消えてゆく様子。
・ラスト2曲歌もの、リマスタリング前はなぜか淡泊なサウンドだが (特にM20)、ゴージャスに。 とはいえサントラなので、歌ものが目立つようにはしていない。 美しく、力強く、歌がセンターに定位するサウンド (M20は途中左右から歌が聴こえ面白い)。

BACK TO LIST

「傑作選50」カテゴリーのサウンドトラック

Category :

ALL

傑作選50