Rambling Records

ホリデイ

Category :

ALL

傑作選50

ドラマ/実話

2000年代

2014年11月19日発売 / RBCP-2819 / ¥1,800 (tax out) 解説:宇野祥子

amazon

iTunes

mora

ototoy

キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、ジャック・ブラック、豪華キャストで贈る男女4人が織りなす、洗練された大人のラブ・ロマンス『ホリデイ』のサントラ盤がダイナミズム溢れるDSDリマスタリングで登場。
ハンス・ジマーによるロマンティックでハート・ウォーミングなスコアは、観る者をハッピーな気分にさせてくれる。
マスタリング加工により、立体的かつ活き活きと蘇ったサウンドに!

1. マエストロ
2. アイリスとジャスパー
3. 一人でカヤック!?
4. 男はゼロ
5. 夢のようなキッチン
6. それぞれの休暇
7. 思いがけないハプニング
8. ときめき
9. 突然の出来事
10. 揺れ動く心
11. ラプソディー
12. 忙しい奴
13. ナンシーのために
14. 複雑な思い
15. 別れ
16. ヴェルソ・イ・プローザ
17. メウ・パサード
18. 叶わぬ恋
19. 素敵なテントの中で
20. 今年のクリスマス
21. アーサーの晴れ舞台
22. 本物の恋

<Varese Sarabande Records 2007/01/09>

 

葛巻善郎(マスタリング・エンジニア)コメント

リマスタリング前音源の特徴
・2006年の作品、作曲は現代のマエストロ、ハンス・ジマー。
・音圧は高過ぎず、普通な仕上がり。 しかしダイナミック・レンジは狭い (おそらくトータル・コンプの影響)。
・オーケストラにバンド楽器やプログラミングも加えたモダン編成。 比較的新しい作品のわりにミックスはあまり良くなく、明らかにダイナミクスをいじっているのがわかってしまい残念 (特にM01)。
・左右の広がりは自然で聴きやすいが、なぜか全体的にデジタルっぽい。音楽ではなく、データを再生している感がしてしまう。時代的に生オケではなく音源を使っているのかと思うほど (実際には名門 Hollywood Studio Symphonyが参加)。
・M01/0:40前後に歪みあり(これはさすがに除去出来ず)。

今回のマスタリングの聴き所
・リマスタリング前の音圧や音場は悪くないので、それを活かしつつ前後の広がりを加えている。これによってUの字(もっとなだらかなイメージ)のように音が配置、左右にある音ほど奥から聴こえる立体的三次元サウンドへ。
・おそらくミックス時にだいぶ編集・加工してしまっているのだろう、空気感があまり感じられないのだが、今回のDSDマスタリングによって空気感とまではいかないものの生命感は出てきた。

BACK TO LIST

「傑作選50」カテゴリーのサウンドトラック

Category :

ALL

傑作選50