Rambling Records

エイリアン2

Category :

ALL

傑作選50

ホラー / サスペンス

SF / アクション

2010年代

2014年10月22日発売 / RBCP-2864 / ¥1,800 (tax out) 解説:竹之内 円

amazon

mora

ototoy

世界的な大ヒットを記録したSF超大作シリーズの第2作『エイリアン2』の音楽がDSDリマスタリングで蘇る!
『アバター』や『アメイジング・スパイダーマン』などを手がけたジェームズ・ホーナーが、緊迫した場面をスリリングに盛り上げる!!

1. メイン・タイトル
2. 悪夢
3. エイリアンの卵/ニュートの恐怖
4. LV426惑星
5. 実践降下
6. 居住区域を旋回
7. ステーションの状況は
8. 医務室の状況
9. ニュート
10. サブ・レベル3
11. リプリーの救出
12. フェイスハガー
13. 無駄な逃亡
14. ニュートの落下
15. ニュートを追って
16. クイーン
17. ビショップのカウントダウン
18. クイーンがビショップに
19. 解決 そして超越空間
20. 悪夢 (オルタネイト)
21. リプリーの救出 (パーカッション・オンリー)
22. LV426惑星 (オルタネイト・エディット・フィルム・ヴァージョン)
23. 実践降下 (パーカッション・オンリー)
24. 超越空間 (オルタネイト・エンディング)
<Varese Sarabande Records 2001/05/01>

前作の生存者リプリーは宇宙海兵隊と共に再び悪夢の惑星に降り立つ。
名実共に傑作の前作に、57年後の設定と複数のエイリアンというアイディアを盛り込み、戦争アクションという異なるジャンルからアプローチされた続編。

<ストーリー>
ノストロモ号事件唯一の生存者、二等航海士リプリーが眠るシャトルは57年の後にようやく発見されゲッタウェイ・ステーションに回収された。
エイリアンの存在と危険性を会社に訴えるリプリーを驚愕の事実が襲う。
今やアチェロンと名付けられたあの惑星LV426は数十家族が移り住み植民惑星となっていたのだ。
そしてアチェロンからの連絡が途絶え、リプリーの危惧は現実のものとなった。
宇宙海兵隊と共にアドバイザーとして宇宙船スラコ号に乗り込んだリプリーは再び悪夢の星へと旅立つのだが……。

葛巻善郎(マスタリング・エンジニア)コメント

リマスタリング前の特徴
・これも古い音源か、音圧は低め。マスターはアナログ・テープかも。
・高域が伸びてなく、全体的に細いサウンド。
・最近のサントラにありがちなスペクタクルでアタックの早いサウンドではなく、純粋なオケものになっていて素晴らしい。
・弱奏部分はひじょうに多い。
・実際のオーケストラの定位に忠実にしているのだが、左右のバランスが時に片寄る (リッピングして波形を見ても明らか)。
・やや難解だが、素晴らしいスコア!

今回のマスタリングの聴き所
・リマスタリング前の繊細さは残したまま細い感を解消、音圧も自然な感じにアップ。
・リマスタリング前のやや片寄った定位を聴きやすくアレンジ、もちろん奥行きも豊かに。
・昨今のサントラのアタック感や押し出し感はおそらくミックスやマスタリングでリミッターを使って作っているはず。 このサントラでの演奏のような人力の演奏による静寂、人力の演奏による一瞬の盛り上がりのフォルテシモは実に気持ち良い。
・弱奏部分の美しさ、夜中にヘッドフォンで一人聴きたくなる。

BACK TO LIST

「傑作選50」カテゴリーのサウンドトラック

Category :

ALL

傑作選50